ページの先頭

肩こり腰痛歪み矯正の加圧整体整骨所TOP » SNAスポーツ栄養学研究会

SNAスポーツ栄養学研究会

覚えてほしい言葉

ライン

※まごはやさしい

●覚えてほしい言葉 やさしいこの言葉には7つの食べ物が隠れています。
ま:豆類 ご:胡麻 は(わ):わかめ等海草類 や:野菜
さ:魚 し:シイタケ等キノコ類 い:芋
米大リーグ、松井選手のインタビュー記事
体調管理で一番気を使っているのは、やはり食生活ですね。どうしても外食が多いので、自分でバランスを考え食事のメニューを決めていかなければなりません。
  で、僕がメニューを決める時に頭に浮かべるのが、「まごはやさしい」というフレーズです。これは巨人時代に、栄養士さんにうかがった言葉です。人間が健康を維持するために必要な栄養素を、まんべんなくカバーするための合言葉のようなものですね。
豆
【豆類・豆製品】
 豆と言うと、つい大豆と考えがちですが、大豆以外にもたくさんの豆があります。金時豆やあずきなどです。豆腐や納豆のほかに、高野豆腐などの乾物もよいでしょう。豆類から良質のたんぱく質をとるようにしましょう。
胡麻
【ごま】
 ごまはすりつぶしてしまうと、酸化が早いので、炒りゴマ購入し、使う分だけそのつどすりつぶすのがよいでしょう。すりたては、とても香りがよいです。
わかめ
は(わ)
【わかめなどの海藻類】
 「は」は「わ」と読み、わかめや昆布、ひじきなどの海藻類をさします。海藻類にはカルシウムをはじめとするミネラルが豊富です。
野菜
【野菜】
 旬のものを取り入れるようにしましょう。旬の野菜には、その素材ならではの栄養素がしっかり含まれます。夏にはトマト、きゅうり、なすなど、からだを冷やす夏野菜を、冬にはれんこん、大根、かぶなど、からだを温める根野菜類をとるとようでしょう。
魚
【さかな】
 いわしやあじなど小さな骨もいっしょに食べられる青背の魚がおすすめです。昔から日本人が食べてきたのは種類も豊富な旬の青魚です。ふだん食べる魚としては、大きなものより手のひらにのるくらいの小さな魚がよいでしょう。
しいたけ
【しいたけなどきのこ類】
 しいたけ、えのき茸、しめじなど、きのこ類をとるようにしましょう。生ものだけでなく、干ししいたけなどの乾物を取り入れるのもよいでしょう。
芋
【いも類】
 食物繊維を含み、おなかの調子を整えてくれるいも類。さつま芋、じゃが芋、里芋、長いもなどがあります。おやつにもよいでしょう。
 

身土不二

ライン

「身土不二」というのは、人間が生まれた土地に自生する食物を食べるのが摂理に適っているということを表した言葉である。
摂理に適っているのだから体にいいわけである。身土不二は、肉体と土壌は切り離すことができないという原則である。
日本の食生活も大きく変化している。進歩した面もあること認めるにはやぶさかではない。しかし、多くは身土不二の原則を無視した欧米型食生活に傾いている。
「41歳寿命説」なるベストセラーの中で、著者の西丸震哉さんは「昭和三十四年を一つの境目として、日本人は長寿命型の生活から、短命型の生活に移行した」と書いている。
長寿村型というのは、菜食中心で、植物性タンパク質やビタミンの豊富な食生活のことである。これに対して、短命村型の食事というのは、肉食中心で動物性脂肪分の多い食事である。
何が何でも肉食がいけないといっているのではない。肉食は身土不二の原則から外れていることを言いたいのである。

日本人の身土不二は穀物を食べることである。
たしかに肉食の隆盛によって、身長が伸び、体系が欧米人に近づきつつある。
しかし、折角の平均寿命の延びも、このまま身土不二の原則を無視しつづけると、やがて短命国家に変わっていく可能性がある。
肉食を好む男女は、確かに若い一時期は性的好奇心は旺盛だが、すぐにスタミナ切れとなる。
身土不二の食事を続けている人は、性的寿命が長い。肉食で、糖尿病などの成人病にかかれば、当然ながら性的欲望も枯渇する。体もままならない。

このページの先頭へ